フランス大統領選の投票が行われ、5月7日に開票された。

結果はマクロン前経済相(39)がルペン候補を大差で圧勝した。

得票率は、マクロンが約65%でルペンが約35%となり、およそ3分の2の票を集める形となった。

マクロンは史上最年少でフランスの大統領なることが決定しましたが、

そんな彼の夫人が今、注目を浴びています。

マクロンの夫人は元高校教師で

しかもマクロンの担任をしていたそうです。

かつ、年齢差はなんと◯◯歳差とびっくり仰天!!

2人の馴れ初めは一体どんな出会いだったのでしょうか?
スポンサーリンク



マクロン プロフィール


名前:エマニュエル・マクロン
生年月日:1977年12月21日
年齢:39歳
国籍:フランス
職業:政治家
所属政党:社会党(2006年-2009年)
     無所属(2009年-2016年)
     前進!(2016年-)

・1977年ソンム県アミアンに生まれる。

・2004年にフランス財務省の財政検察官として働き始める。

・2016年11月16日に大統領選挙に出馬する意向を表明。

・2017年5月7日にルペン候補を破り大統領選挙に勝利。

・マクロンは選挙経験が1度もなく、今回の大統領選挙で初めて選挙を受ける形となった。

マクロンの夫人はどんな人?

マクロンは史上最年少でフランスの大統領となり、これまでのフランスの伝統を覆して

イノベーションを起こしてくれると期待されているが、

そんな、マクロンの夫人はどんな人なのでしょうか?

名前はブリジットマクロン

生年月日は1953年4月13日で年齢は64歳

マクロンとの年齢差はなんと24歳差!

今の時代姉さん女房が流行っていますが、

2回り離れている夫婦は相当珍しいですね。
スポンサーリンク



2人の馴れ初めは?


2人の馴れ初めはマクロンが高校生の時でした。

マクロンが生徒で夫人がフランス語の先生という関係の中、

2人は禁断の恋に落ちてしまいました。

夫人には元々旦那さんがいて子供が3人いる状態でした。

周囲は2人の恋愛に猛反対しましたが、

それでも交際を続けました。

結果、夫人は元旦那と離婚し

マクロンが29歳の時に2人は結婚することになりました。

周囲の反対を押し切ってまでも結婚するなんて

それだけ2人の愛は深かったのでしょう。

まとめ

まるで、漫画のような恋愛を成就させたマクロンですが、

大統領選挙でもその意志の強さをいかんなく発揮した形となりました。

フランスではあのナポレオンより若い年齢で大統領となる訳なので

夫婦共々で協力してフランスに革命を起こしてほしいですね。
スポンサーリンク