弱冠14歳にして、将棋プロデビューを果たし

デビュー以来29連勝(7月1日の時点)を達成するなど注目を集める藤井聡太(14)が7月2日に30連勝をかけて佐々木5段と対局する。

この天才中学生が幼少期に遊んでいた「キュブロ」というおもちゃが話題となっており、注文殺到で売り切れ続出となっている。

このキュブロというおもちゃは知育に良いのだろうか?

スポンサーリンク

藤井聡太 プロフィール

   

名前:藤井聡太
生年月日:2002年7月19日
年齢:14歳
出身地:愛知
師匠:杉本昌隆
段位:四段



趣味ーパズル 鉄道 読書(特に司馬遼太郎)

好きな科目ー数学 地理 体育

苦手なことー球技

好きな食べ物ーラーメン 味噌煮込みうどん

憧れの人ー羽生善治 谷川浩司

性格ー負けず嫌い

実績

2011年
・第8回詰将棋解答選手権チャンピオン戦に8歳で出場した。
・第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝

2015年
・第12回詰将棋解答選手権チャンピオン戦で全問正解を成し遂げ史上初の「小学生による優勝」を果たした。
・10月1日に四段昇格となり、「史上最年少中学生棋士」となった。中学生でのプロ入りは加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明に次いで5人目となった。

2017年
・6月26日、増田康宏に勝利し無敗での29連勝を達成。神谷広志が30年近く保持していた28連勝の記録を抜いた。

藤井聡太の頭はキュブロで磨かれた!?

藤井聡太の幼少期のエピソードとして、


・5歳で480ページにも及ぶ将棋の教科書を字の読み書きを覚える前に会得した。

・6〜7歳で詰将棋の実力がプロでもかなわないほどずば抜けていた。


など5〜7歳で他を圧倒する将棋の実力を持っていた藤井聡太ですが、将棋を始める前にキュブロというおもちゃでよく遊んでいました。

そのキュブロが藤井聡太の頭脳を作ったと言っても過言ではないです。

スポンサーリンク

キュブロとは?

   

キュブロはスイスで誕生したおもちゃで、積み木のような立体パズルです。

遊び方は、ひとつひとつのブロックに溝や穴があり、それをうまく組み合わせてビー玉を通るように組み合わせていくものです。

確かに、これをうまく出来るようになっていけば頭はよくなりますね。

まとめ

29連勝を達成し、30連勝目前に控える藤井聡太の頭脳は幼少期につくられたことが分かりますね。

まだ14歳という中学生はこれから、どれだけの記録を作りあげていくのでしょうか?

スポンサーリンク