2017年プロ野球クライマックスシリーズが10月14日から始まります。

クライマックスシリーズといえば、毎年様々なドラマを生む白熱した一発勝負が見どころですね。

過去には、シーズンで3位だったチームが日本一まで駆け上がるという偉業を成し遂げたチームもあります。

そして気になるのは、ここ1週間悪天候が予想されますので、雨の場合はどうなるのでしょうか?

クライマックスシリーズの仕組みや見どころも一緒にまとめて記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

クライマックスシリーズは雨の場合どうなる?

10月14日からクライマックスシリーズが始まりますが、どうも天候は良くない様です。

雨の場合試合に影響するのでしょうか?

まずは、今回のクライマックスシリーズに出場するチームを紹介します。


・セリーグ

広島
阪神
横浜

・パリーグ

ソフトバンク
西武
楽天



セリーグパリーグ共に、3チームずつ出場します。

では、今回試合を行う球場も紹介したいと思います。


・セリーグ

阪神甲子園球場
Mazda Zoom-Zoomスタジアム

・パリーグ

メットライフドーム
ヤフオクドーム



とシーズン1位と2位のチームの本拠地で試合が行われます。

今回試合が行われる球場を見てみると、

パリーグはドーム球場なのでほとんど雨の場合の影響は受けないので気にしないで良いでしょう。

問題はセリーグです。

屋外の球場なので、試合が行われるか当日の天候に大きく左右されます。

では、雨の場合どうなるのか説明しましょう。


☆ファーストステージ

・日程は10月14日〜10月16日で10月17日が予備日

・もし、10月14日が雨の場合で中止になった場合10月17日の予備日に試合が行われます。

・2日間中止になった場合、試合は2試合しか行われません。1勝1敗となった場合シーズンで2位だったチームがファイナルステージに進出します。

☆ファイナルステージ

・ファイナルステージは10月18日〜10月23日の6日間行われ、予備日は2日間あります。

・2日間中止になっても予備日が2日あるので試合は問題なく行われます。


となっています。

仮にファーストステージで3日間中止になった場合、試合を行わずしてシーズンで2位だったチームがファイナルステージに進むことになります。

少し残酷ですが、さすがに3日間中止になることはないでしょう。

クライマックスシリーズの仕組みをおさらい!

では、クライマックスシリーズの仕組みもおさらいしてみましょう。


☆出場チーム

・ペナントレースでセリーグパリーグ共に1位〜3位のチームが出場します。

・ファーストステージは2位と3位のチームが対戦。ファイナルステージはファーストステージを勝ち上がったチームとペナントレース1位のチームが対戦

・試合が行われる球場は、ファーストステージが2位のチームの本拠地ファイナルステージが1位のチームの本拠地で行われます。

☆ルール

・ペナントレースで上位のチームほどアドバンテージがあり、ファーストステージでもし1勝1敗1引き分けになった場合2位のチームがファイナルステージに進むことになります。

・ペナントレース1位のチームはあらかじめ1勝がアドバンテージとして与えられ、ファイナルステージは6試合行われますが、1位のチームは3勝した時点で日本シリーズ進出が決定します。


どうでしょうか?

プロ野球をあまり見ない方は、仕組みを理解するのが難しいと思いますが、特殊な点としてはシーズン1位のチームは1勝アドバンテージがあることくらいでしょう。

仕組みを理解すればより面白くクライマックスシリーズを観戦することができるので、勉強してみて下さい。

スポンサーリンク

2017年クライマックスシリーズの見どころは?

では、2017年クライマックスシリーズの見どころを私なりに解説してみたいと思います。

素人の解説ですが、一応私自身野球経験があるので是非参考にしてみて下さい。

【セリーグ】3チームとも打撃が売りのチーム!!乱打戦が予想される

☆広島

・2年連続でペナントレースを制した広島。攻撃陣は田中・菊池・丸を中心につなぎを意識した打線で得点力はセリーグでトップ。投手陣も薮田・岡田・野村・大瀬良と抜群の安定感を誇る投手が勢揃いで連覇はほぼ間違いない!?

☆阪神

・2年ぶりのクライマックスシリーズ出場となる阪神。野手陣は鳥谷・糸井・福留を中心とし一発の期待ができる中谷、つなぎの打撃ができる上本など主軸は揃っている。
しかし、投手陣は秋山・メッセンジャーが10勝以上しているものの、中継ぎ陣に不安が残るため短気決戦では劣勢が予想される。

☆横浜

・2年連続のクライマックスシリーズ進出となった横浜。打線は筒香・宮崎・ロペスとクリーンナップが強力。投手陣は10勝以上の投手が3人と抑えの山崎が安定感抜群なため3位からの下克上も十分にありえる。



とやはり個人的には広島が圧倒的に有利かなと思います、やはり阪神・横浜は投手陣にやや不安が残るため短期決戦では苦戦を強いられる可能性が高いですね。

【パリーグ】優秀な投手が勢揃い!!選手層の厚いソフトバングが圧倒的有利か!!

☆ソフトバンク
・2年ぶりの日本一を狙うソフトバンクはやはり優勝候補筆頭。野手陣は柳田・デスパイネ・松田と一発を狙える選手が勢揃い。投手陣は中継ぎ陣が強力。今シーズン最多セーブを達成したサファテや岩崎・森・五十嵐が安定感抜群。クライマックスシリーズ突破は間違いなしか!?

☆西武
・今年13連勝を成し遂げた勢いのある西武は、足を絡めた攻撃が特徴。源田・金子・外崎・秋山が塁に出れば山川・浅村でランナーを返す超攻撃型。投手陣は投手三冠を達成した菊池が初戦に先発するのは間違いないでしょう。絶対的エースで勝てるかがポイントになるでしょう。

☆楽天
・今年3位の楽天は、則本を中心とした守り型のチーム。則本以外にも美馬・岸中継ぎの福山は安定感抜群。
攻撃陣は他球団と比べてやや劣るので、何としても接戦をものにしたいところでしょう。



パリーグはソフトバンクが圧倒的に有利ですね。何より投手陣の層の厚さは他球団と比べ物にならないですね。

いよいよクライマックスシリーズが始まります!!。

いよいよクライマックスシリーズが始まりますが、今年はどんなドラマがあるのでしょうか?

やはり広島・ソフトバンクが圧倒的に有利ですが、野球は何があるのかわからないので、

ワクワクしながら観戦を楽しみましょう。

スポンサーリンク