1月6日衝撃のニュースが飛び込んできました。

中日、阪神、楽天で監督を務め日本代表でも指揮を務めた星野仙一が亡くなりました。

闘将と呼ばれ鉄拳制裁も辞さない独特の指導方法で監督を務めたいずれの球団でリーグ優勝を果たした名将の訃報に球界からも多くの人が悲しみました。

では星野仙一の病気や死因はなんだったのでしょうか?

また、死去寸前では激やせしていたという噂もあります。

それらの真相が本当なのか?

記事をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

星野仙一 プロフィール

#rakuteneagles #星野仙一 #koboスタ 2015.8.14

A post shared by MASATO (@eagles_masato7) on


名前:星野仙一
生年月日:1947年1月22日
年齢:70歳
出身地:岡山
身長:180cm
体重:80kg

星野仙一の死因は病気?

球界の闘将星野仙一が1月6日に亡くなりました。

野球を知らない人でも名前を知っているであろう

星野仙一の死去に各テレビ番組のニュースで一気に報道されています。

星野仙一といえば、中日ドラゴンズで監督になりリーグ優勝を果たし、

当時弱小だった阪神タイガースの監督になり広島で主軸を担当していた金本を入団させ、

万年最下位だったチームを見事リーグ優勝に導きました。

体調不良の影響で監督を辞任しますが、その後日本代表の監督に就任。

オリンピックでは結果が奮いませんでしたが、その後楽天の監督に就任。

田中将大をエースに抜擢し2013年に見事球団初の日本一に導きました。

各球団で一度は必ずリーグ優勝を果たしているなんて本当に凄いですよね。

そんな名将の死因は一体なんだったのでしょうか?

死因は病気ですい臓がんを患ったとされています。

あれだけ気持ちの強い人でも病気には勝てなかったんですね。

球界からのコメント

球界からも様々な悲しみの声が上がっています。


・田中将大
「あまりに突然のことで信じられません」
「楽天で日本一になって星野仙一を胴上げできたことは僕にとって最高の思い出です。」
「メジャーに行くことを応援してくれたし、感謝の気持ちでいっぱいです。」




・田淵幸一(星野仙一と同級生)
「親友が死ぬことはこんなにも悲しいことなのかと初めての経験だ」
「今は、思い出を振り返るとかそういうことはできない」




・原辰徳
「監督時代一緒に対戦することが出来て本当に誇りに思える人だった」
「また戻ってこいと言われた時は本当に感動した」




と球界の名プレーヤーも星野仙一の死去に驚きと悲しみのコメントを出しました。

それだけ愛され、誇りに思える人物であったことが伺えますね。

スポンサーリンク

星野仙一が患った病気すい臓がんとは?

では、星野仙一が患った病気、すい臓がんとはどんな病気なのでしょうか?

すい臓がんとは数あるがんの中で最も恐ろしいがんと言われ、

早期発見も困難と言われています。

胃の後ろ側に発生することが多く

症状としては、食欲不振や胃もたれが見られるようです。

また移転する可能性も非常に高いがんではあります。

星野仙一が激やせしていたのは、おそらくすい臓がんの影響が強かったのでしょう。

60代の男性に発症する可能性が高いがんではあるので、星野仙一も患ってしまったのでしょう。

一般人の私たちも患う可能性が非常に高い病気ではあるので気をつけたいですね。

星野仙一の死去は残念

星野仙一が死去されましたが、本当に残念ですね。

各著名人のコメントを見れば分かりますが、これだけ尊敬される監督はそうそう出てこないでしょう。

残念ではありますが、これからも星野仙一の実績は語り継がれていくでしょう。

スポンサーリンク